<< 日々精進 ランニングウェアー >>

犬の日本輸入

去年から日本に輸入される犬の条件が変更した。それ以前はどんな場合も例外無く、日本到着から2週間の係留期間があったが、新しい条件は全ての手続きを完璧にクリアーしたら12時間以内に解放される。この12時間ってのは長い場合でいろいろ調べると必要書類を提出するだけですぐに空港の外に出れるらしい。

これからはアンディと一緒に日本に帰れる!アンディを実家に連れて帰れる!
アンディに、ママの国、日本を体験させてあげられる!
近所の桜公園や摂津峡にお散歩に連れて行ってあげたい!

この新しい規定を知ってから、すぐに私はアンディの「日本初上陸作戦」の準備を開始した。全ての条件を満たすためには、最低でも7ヶ月がかかる。手順はこう。↓

1.マイクロチップ装着
2.狂犬病予防注射2回(最低1ヶ月は間をあける)
3.血清中和抗体価の検査(検査にパスしても6ヶ月は輸出国で待機)
4.臨床検査
5.輸出国政府機関の証明書の取得

この条件の一つ一つには細か~~~い指示があり、日本の農林水産省の指定通りに事を運ばないといけない。一つの間違いも許されない。もし全ての条件が満たされてない時は、「180日間の係留検査となり、検査の結果次第で返送又は処分される事がある。」処分って???殺すって事?それは絶対困る!返送も困る!

ので、私は完璧に条件をクリアーできるように、何度も何度も手引書を読み返し、質問があると日本の動物検疫所に連絡し、いろんなアメリカの動物病院にもこの条件に対応できるかどうか尋ねまくった。本当に一つずつ慎重に事を進めていった。

準備を始めたのは去年の夏からで、そしてついに今年の1月には無事に6ヶ月の待機期間も終了。後の4と5は日本に行く日が決定してから準備する事なので、すぐにする必要はない。これでアンディはいつでも日本に行ける用意ができた。

そして、今年の夏までに日本へ帰らなければいけない用事があるので一緒にアンディも連れて帰ろうと計画した!やったー、アンディと一緒に日本に行ける!うちの家族もその日をとっても楽しみにいている。

しかーし、ここで重大な問題が。。。

アンディの日本往復の航空費が約55,000円。た、たかい!
3万円ぐらいならいいなぁ~っと思っていたけど、5万円以上は想定外。
しかも今回はたった1週間の日本滞在。それで5万以上。ちょっと、無理だ。

ということで、アンディ君、今回もお留守番決定!!!
アンディ、ごめんねー。

今日のアンディ
アンディの旅行用バッグ。一度サンフランシスコまで飛行機で行った時に使ったバッグ。
アンディは飛行機経験犬。飛行中も静かにバッグの中で寝ていた。
b0089508_1458162.jpg

「じいじとばあばに会いにいくの~。」
b0089508_13541139.jpg

「絶対、僕も行く!」
b0089508_13543693.jpg

[PR]
by kajuetoandy | 2006-05-03 22:23 | Andy & friends
<< 日々精進 ランニングウェアー >>