<< 東海岸旅行-ホテル編 東海岸旅行-クリスマス編 >>

東海岸旅行-Washington DC編

アメリカの首都ワシントンDCを訪れるのはこれで3回目。過去2回の訪問時にDCの主要観光地はほぼ廻っているし、今回は犬連れなので観光らしい事は何もしなかった。まったりとPちゃんとアンディと時間を過ごしていた。

でもせっかくなので、まだ行った事のない&アンディも行ける観光地を一つだけ訪れることにした。それが、Arlington National Cemetery(アーリントン国立墓地)。アメリカで一番有名な墓地である。ここは戦死した市民やアメリカの国民的英雄など26万人以上が埋葬されている国立の墓地。ニューヨーク州のカルバート国立墓地に次ぎ、全米2番目の大きさを誇る。年間訪問者は400万人以上。もともとは南北戦争の名指揮官リー将軍夫妻が住んでいた場所。それがいろいろあって、1880年代に土地は米政府に売却された。(by 地球の歩き方)
b0089508_502033.jpg

こちらはビジターセンター。すべて屋外だしDog Friendly墓地と聞いていたけど、念のためにビジターセンターで再確認。はい、犬の入場OKです!観光地化してはいるが、墓地なのでココで眠っている人達に失礼にならないように、アンディにはココでは禁マーキングで我慢してもらうことにした。入場料は無料。(いや、墓地ですからね。)

っということで、では行ってみましょう!
b0089508_531972.jpg

とても綺麗に芝生が整備されていて、道も広くて歩きやすい。普通の公園みたいな感じ。でも非常に静かだ。大声でおしゃべりしている人は誰もいない。訪問者はココがどこか心得ているので、きちんとマナーを守っている。
b0089508_53539.jpg

ビジターセンターでもらった地図を見、まず最初に訪れたお墓はコチラ。きっとアメリカ一有名なお墓でしょう。たくさんの人が周りを囲っていた。
b0089508_544668.jpg

想像していたよりもシンプルな作りの石版型の墓石だった。火はEternal Flame(永遠の炎)と呼ばれている。この方が亡くなった時に彼の奥様が火を灯し、今も燃え続けている。

誰のお墓でしょう?
b0089508_552584.jpg

答えはJFK。亡くなって40年以上経っても、未だに人気が衰えることのないケネディー大統領。お隣にはジャクリーヌ夫人も眠っている。
b0089508_555898.jpg

彼らの墓は美しいワシントンDCの景色が一望できる最高級スポット。さすが扱いが別格です。
b0089508_571172.jpg

次は白い大理石で作られた墓石、Tomb of the Unknown(無名戦士の墓)。こちらもよくTVなどで見る有名なお墓。第1&2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争で亡くなった軍人達が埋葬されている。
b0089508_575141.jpg

米国陸軍第3歩兵隊、通称The Old Guardから派兵された衛兵が一人警護している。(写真↑:右)警護は雨の日も風の日も1日24時間1年365日行われている。衛兵はライフルを片手に持っている。
b0089508_582979.jpgb0089508_585426.jpg
墓前を21歩で歩き、向きを180度変え、ちょうど21秒で方向転換を行う。とても規則正しい動作である。警備をされるようになったのは、1948年4月16日から。過去の戦争を戦った戦士達に敬意を表し、これからも永遠に続けられる警護なんでしょうね。
b0089508_510239.jpg

そしてこちらは1986年スペースシャトル・チャレンジャー号爆破事故で亡くなった宇宙飛行士達の慰霊碑。乗り物の中で完璧な安全性が信じられていたスペースシャトルの空中分解は衝撃的なニュースだったなぁ。
b0089508_5113255.jpg

クリスマスの飾りつけをしてもらっている墓石。
b0089508_513126.jpg

まだまだたくさんの歴史的有名人達がココで永遠の眠りについている。
小高い丘になっている広い墓地。アメリカの歴史がぎっしり詰まった場所であった。
[PR]
by kajuetoandy | 2006-12-31 22:20 | Trip
<< 東海岸旅行-ホテル編 東海岸旅行-クリスマス編 >>