カテゴリ:Trip( 23 )

今が旬!

東海岸は、シーフードが名物。特に、蟹。
しかも今の時期は、ソフトシェルクラブが食べられる!というか、今しか食べられない!
コレは旬の物なので、初夏限定食材なのだ。

ソフトシェルクラブとは、脱皮したてのまだ甲羅の柔らかい蟹(ブルークラブ)です。
Pちゃんの住むDCのお隣、メリーランド州のチェサピーク湾はソフトシェルクラブの本場。

んで、DCまで飛びました♪
b0089508_1212873.jpg

ワシントンDCには2箇所空港があり、今回初めてレーガン空港を利用。
かなり古い空港なのだが、光がいっぱい差し込んで明るくてよろしいです。
こういうレトロ調な空港って結構好き。

そして、ですね。念願のソフトシェルクラブ食べに行って参りましたよぉ!
「から揚げ」と「なにかとミックスした蒸し(=茹で?)」バージョン2種類を注文。
その他に、サイドディッシュは4種類。

b0089508_12124243.jpg

料理を待っている間は、ビールを片手に川を眺めていました。
屋外テーブルだったので、風が気持ちよかったです。でもすぐ寒くなったけど。。。
アメリカ人のおねぇーさま方(おばさまも含む)は、せくすぃーなキャミやタンクトップ姿で
冷たいビールをゴクゴク飲んでいますが、ほんとにほんとに、寒くないんでしょうか?
あっぱれ、アメリカ女子。

っで、やってきましたよ!っが。。。
b0089508_1213361.jpg

お皿の上には、揚げ物、揚げ物、揚げ物!!!
どれが、どれか、さっぱりわからんです。
サイドディッシュの選択、失敗ですな。見てるだけで胸焼けしそう。。。

でもでも、蟹は美味でしたよ!
特に、パリパリッとした柔らかい殻の食感が大好き☆
存在を知ってから3年、待ち恋焦がれていたソフトシェルクラブ。
かじゅえさんご満悦の態でありました♪

b0089508_12142238.jpg

え~っと、こちら少々拗ねているアンディさんです。
今回は一緒に行けませんでした。
帰ってきたら、脱ぎ散らかした私のジャケットの上にすぐコローン。離れません。
お留守番ご苦労さま。後で、アイスクリーム食べよ、ね。
だから、機嫌なおしてよー。
[PR]
by kajuetoandy | 2007-06-12 12:14 | Trip

光の洪水 ★ ラスベガス旅行

すみません、今日もラスベガスレポートです・・・でもこれで最後ですので、もうすこしお付き合いくださいまし。旅行に行ってからもう3週間以上たってるんだからそろそろ書き終えなきゃ。

さぁー、いってみよー!

*************************************

b0089508_1253953.jpg

人気ホテルが集うストリップ通りから少し離れたダウンタウンでFremont Street Experience(フリーモント ストリート エクスペリエンス)を鑑賞。これは光と音のスペクタクル!長さ約420メートルのハイテクアーケードで無料アトラクションを毎時間行っています。

1995年からこのアトラクションは始まり、その当時は210万個の電球が取り付けられていました。1996年に初めてこのアトラクションを見た時は、とっても感動!迫力満点の映像と音!ほんとビックリしたなぁー。っで、その後さらにグレードアップされ、2004年からは電球を1250万個のLED(発光ダイオード)に置き換え、映像がよりきめ細かく描写が可能になったのです。

と聞いたからには、行くしかないでしょう!!!

b0089508_1261090.jpgb0089508_1264795.jpg

アトラクションの始まる時間になると、今まで大音量で流されていた音楽がピタッと止み、ホテルやお店の電気が暗くなる。さぁー、ショーの始まりですよー!と言わんばかりの一瞬の緊張感。そして、ジャジャーンと音楽が始まり、ざぁーっと光の洪水が頭上のアーケードを走る!誰もが上を向き、口を開け、カラフルな映像を目で追う。楽しいー!!!絶対、一見の価値ありですよ!

ただ、8分間のショーの間、ずっと上を向いていてちょっと首が痛くなったけど。。。

次に場所を移動して。ストリップ通りからこれまたちょいと離れたホテル、Rioへ。
b0089508_1273919.jpg

マスカレードの無料アトラクションを鑑賞しにね。派手派手な仮装グループがカジノを行進、そして天井にはキラキラの乗り物が這っている。乗り物の中でセクシーダンサー達はくねくねと踊っているし。スタイル抜群で美人さんぞろい。綺麗なお姉さんウォッチング好きとしては、ワクワク♪

b0089508_1282213.jpg

少し見え難いかなぁ。左には白馬に乗った王子様が飛んでいて、右は気球型乗り物。

b0089508_129860.jpg

船まで登場。船の上ではキュート&セクシーなお兄さん達が踊っていましたよ。

b0089508_12101066.jpg

下から見たらこんな感じ。天井にレールが見える?その下をキラキラ乗り物が動いているのです。どこのホテルもカジノの中って写真厳禁なはず。なのに、このカジノ場ではみーんな写真を撮ってる。でも誰も注意されてなかった。いいのか?ま、いっか。

このショーの時、乗り物上のセクシーお姉さん&お兄さん達がネックレスを観客に投げてくれます。見事ゲットしたネックレスはお持ち帰りOK!一回目のショーの時にはよくわからなくて、一階で待ってたら1つゲット。とっても嬉しいんだよね♪まるで宝物拾いみたい。ネックレスと言っても、もちろんオモチャ。すっごいちゃっちーんだけど、こっちを見てもらえるように一生懸命手を振ってアテンションをこっちに向かせて、ネックレス投げてもらえると、ガッツポーズもん。1つもらってそれを首からかけてカジノ内を歩いていたら、もっとたくさんネックレスを首からかけて歩いている人達が何人もいる。しかもすっごい誇らしげな顔。

負けてられない!次は戦うぞー!
ベストポジションを押さえる事がなによりも大切。より乗り物に近づくために、2階で待ち受ける事。そして、一時間後に2回目のショーが始まった!猛ダッシュで、2階へ駆け上がり、手すりギリギリの場所を押さえた。アチラ側からコチラ側がバッチリ見えるベスポジ。

b0089508_1211182.jpg
結果は、

ひゃっほー、
いっぱい獲ったのだ☆


妹達(あ、うち3姉妹なの!)と獲りまくったのさ。
がんばったわよ、私達。

でも、これどうするよ?オモチャだよ・・・

(結局、妹達が持って帰りました。)


b0089508_12114470.jpg

[PR]
by kajuetoandy | 2007-03-17 12:14 | Trip

ホテルリポート ★ ラスベガス旅行

ラスベガス旅行のお楽しみの一つが、宿泊ホテル!それぞれのホテルにはテーマがあるので、どこのホテルを予約するかワクワク♪であります。

そして今回宿泊したホテルがWynn Las Vegas Hotel。2005年4月にオープンし、現在のラスベガスで最上級ランクと称されています。(板チョコみたいな形ですが。)
b0089508_1852715.jpg

だって、この旅行にはスポンサー(=親)いるからね・・・ぐふふっ。
経営者スティーブ ウィンの名前がそのままホテル名になっています。このお方、有名なラスベガスのホテル王です。

どデカイ火山噴火ショーが無料鑑賞できるミラージュを建設して、テーマパーク型ホテル経営を大成功させた方ですね。その後、お隣にTI(トレジャーアイランド)を建設し、これも無料海賊ショーで毎日大賑わいです。そしてラスベガスの顔的高級ホテル、Bellagioもウィンさん所有のホテル。ベラジオは無料噴水ショーで大人気。何度見ても、このショーは鳥肌がたつほど迫力がある。まるで水がダンサーのように音楽に合わせて踊っているのが素晴らしい!

Wynnはそんなすごいホテル王の集大成とも言える最新ホテル。期待度マックスでお部屋に行ってみました。

b0089508_1522796.jpgb0089508_15223011.jpg

ドアを開けると、家族全員「わぁ~!!!すご~い!」と大感激!ただのスタンダードルーム(いっちゃん安くて狭いってことネ)だけど広い!奥の壁一面がすべて窓なので特に広く感じる。白とベージュを貴重にした部屋で、洗練された家具やリネンがいいー。とってもエレガントでスタイリッシュ。間接照明を上手に使い、壁に飾っている絵にまで照明が当たっている。TVは壁掛けの薄型液晶TV。白と茶色の2種類のスリッパが用意され(お持ち帰りしちゃった♪)、バスローブは中がフワフワ生地で外はツルツルサラサラなサテン生地(まさかシルクじゃないよね・・・そうだったらさらにスゴイ)。バスルームは、シャワールームとバスタブが別になっていて、なんとTV付き!

部屋のTVや電話には予約した私の名前が表示され、なんだかとってもウェルカムされている気分。ちなみに、チェックアウトは部屋TVからできる超便利システム。実はTVチェックアウトした後、部屋のカードキーを一体どうやって返せばいいのかわからなくて、フロントに電話で聞いてみた。そしたら、「カードキーはお土産にお持ち帰りください。」と返答。よくよく、そのカードキーを見てみると、私の名前が彫って入っていた。スゲェー。

部屋から見えた真横のゴルフ場はWynnのもの。設定料金$500です!強制的にキャディーさんも付くので、チップなどの別途料金$100も請求されるらしいです。ハイローラー(スーパーリッチな高額賭ける人達)のためのゴルフ場でしょうね。いやいや、ほんとすごいですわ、このホテル。恐れ入りました。

違うホテルにも泊まりたかったので、途中ホテルを移りました。次のお宿はBellagioです。
b0089508_18153696.jpgBellagioも高級ホテルですよ。でもねぇー、Wynnの後に泊まったので満足度が低いです・・・重厚な部屋作りなんだけど、ちょっと古臭く感じる。窓が小さいから、部屋全体が暗いし。でもバスルームは広くて、コチラもシャワールームとバスタブが別々になっているのは嬉しい。しかもバスタブが深くて(アメリカでは珍しい)ゆったりサイズ。久しぶりにのんびりお風呂に入りました。

b0089508_18114078.jpg

噴水側の部屋ではなかったのが残念。部屋からはプールが見渡せました。時間がなかったので、プール見学はできなかったけど。暑い日だったら、絶対プールで遊びたかったなぁ。

そして、最後にもうひとつご紹介したいホテルがこちら↓。
b0089508_1845792.jpg

お部屋はシャンデリア、薄型TV、ソファー付き。これ、ペットホテルの一室です。

アンディも一緒にラスベガスに連れて行ったが、私達の泊まったホテルはペット禁止。なので、アンディ一人で近くのペットホテルに泊まりました。以前ラスベガスに連れて行き、あるペットホテルに預けたのだが、次の日迎えに行くとアンディの声は枯れていました。ずーっと一晩泣き続けていたみたい。そこはケージでお泊りだったので、それが嫌だったのかも。

今回はアンディにとってリラックスでき楽しめるペットホテルを、と思い見つけた所が「ペットホテルのBellagio」とホームページに書いていたペットホテル。室内ドッグランが完備され(大型犬と小型犬用二つ)、寝る場所はケージではなく部屋。これならアンディも楽しく過ごせるだろうと思い連れて行きました。

ペットホテルに着くと、まずは従業員がホテルの中を詳しく案内してくれた。広々としたドッグランがあり、芝生が敷いてある場所もあるのでアンディのトイレにはよろしそう。部屋は何種類ものタイプがあった。スタンダードは個室で大きなクッションとTV付き(犬に必要かいな?)、もう少しグレードアップしたら冷暖房完備の広い部屋に天井からはシャンデリア。さらに、プレジデンシャルルーム(最高級)になると、でっかいシャンデリアがキラキラ輝き、人間用のベッドとソファ、大きなラグも引いていて、壁には50インチぐらいの大型液晶TV付き、部屋の広さは私の部屋よりも広い!そこには4匹までOKなんだって。うちの家族全員ココで寝れるよってぐらい超ゴージャスなお犬様のお部屋もあった。

こんな世界もあるのねぇーっと家族一同ビックリ仰天!結局そこのスタンダードルームにアンディはお泊りすることにしたのですが、迎えに行くとアンディ君ゲリPになっているし、声も少し枯れていた。(泣)かなり気をつかって探したペットホテルだったのに、やっぱりダメかぁ。アンディはママのそばがいいんだね。よしよし、次はアンディも一緒にお泊りできるホテルにしようねー。

以上、ラスベガスの人間用と犬用のホテルリポートでございました。
[PR]
by kajuetoandy | 2007-03-11 18:03 | Trip

グランドキャニオンでございます ★ ラスベガス旅行

b0089508_1441543.jpg

グランドキャニオン半日ツアーに参加しました。英語がわからない両親のために日本人経営のツアー会社を選択。ドライバー兼ガイドは日本人。マイクロバスで早朝6時半にお迎えが宿泊ホテルまで来てくれて、午後7時半頃にホテルに戻ってくる。車で片道約4時間半でグランドキャニオン。休憩をちょこちょことってくれるのでバスでの長旅もそんなに疲れなかった。それに3月までキャンペーン中で通常よりかなりお得なお値段でした。ラッキーだったぁ。

b0089508_1445875.jpg

断層が綺麗。そして神秘的な色にうっとり。

b0089508_1453550.jpg

日陰には雪が残っていました。

b0089508_1704965.jpg

前日は雨が降っていたので、お天気の心配をしていたのだけどこの通り快晴!
日ごろの行いが良いからね♪うふっ。

b0089508_1485675.jpg

360度どこを見渡してもずーーーっと先までこの景色。壮大だねぇー。偉大だねぇー、自然って。感動、感動、感動です!両親には以前から「死ぬまでに絶対見るべき景色だよ!グランドキャニオンを見ずには死ねないよ!」と言い続けていたので、やっと見せてあげられて良かった。もちろん二人共この大自然の素晴らしさに大感動でした。

b0089508_16502680.jpg

みなさん断崖絶壁で写真大会です。うん、うん、撮るよね。こんなにスゴイ風景だもんね。

*************************************

と、グランドキャニオンの素晴らしさを語ってしまいましたが、実は私だけは行かなかったのだ。
理由ですか?
ロングドライブが嫌だったから・・・

前日はサンディエゴからラスベガスまで6時間かけて車で来たので、また車の中に長時間いなきゃいけないのはノーサンキュー。それにバスツアー(違う会社の)で一度グランドキャニオンに来たことがあるので、今回はパスしちゃいました。だから、写真は妹が撮影したものです。

セスナで行くツアーにしようと提案したのだけど、母がセスナはすごく揺れるらしいから絶対嫌だ!と却下されたので、結局バスツアーになりました。セスナだと50分ぐらいでグランドキャニオンに到着できるんだけど・・・


b0089508_17441446.jpg
家族がグランドキャニオンに観光している間、私はアンディとドッグパークで遊んでいました。


アンディもラスベガスへ行きました♪いつも一緒だからネ☆





続く。
[PR]
by kajuetoandy | 2007-03-06 01:52 | Trip

It's Show Time! @ Las Vegas

b0089508_542876.jpg

ここ3年毎年家族がこちらに来たら、ラスベガスへ行っている。私自身はもう何回行ったか数えるのが面倒なほどラスベガスへ遊びに行っているけど、いつ行ってもラスベガスは最高に楽しい大人の遊び場所だ!しかも近年のラスベガスは建築ラッシュのため、新しいホテルがどんどんできているので、ホテル巡りが面白い。今もベネチアンが増築してるし、NYのホテル王トランプがホテルを建設している最中。一体どんな豪華なホテルができあがるのか楽しみだ。

私達がラスベガスに行った週は、ちょうど中国の国民的最大イベント旧正月(春節)に重なっていたので、ラスベガス中のあらゆる所で旧正月の飾りつけがされていた。

でもさー、これはどうなのよ?
b0089508_721895.jpg

イタリアのベネチアをモデルにしたホテル、Venetianに大きな中国語の垂れ幕・・・
むむむ、カッコイイのかいな?正面入り口の真上には金色の銭マークが光ってる。
あ~あ~、あのヨーロッパの香りプンプンなVenetianがぁ~・・・

b0089508_74642.jpg

b0089508_17205031.jpg時計塔にもドドーンと中国語の文字がぁ~。漢字を知ってるだけにやけに目についてしまう。漢字の意味がダイレクトに伝わり、建物の雰囲気と非常にミスマッチ。

漢字を知らない人にはクールに思うのであろうか。例えば、これがアラビア語だと私にはさっぱり意味がわからない。なんとな~くカッコよく感じる。かも。

ここで、発見したこと!
2007年は猪年。
中国では猪ではなく、豚年と言うんだね。
"THE YEAR OF THE PIG"

ふむふむ、一つ賢くなりましたな。


b0089508_7132561.jpg

ホテルBELLAGIOのロビー横にある室内庭園には2007年キャンペーンボーイ、お豚様がおられました。福と記された有難そうなゴールドネックレスがお似合いですね。

b0089508_763786.jpg

BELLAGIOも負けておりませんよ。庭園のテーマはもちろん、The 中国でした。
光がふり注ぐ明るく美しい庭園は、中国グッズ満載。

b0089508_775889.jpg

中国の子供達。(であろう。)胸元にはキュートなハートマーク・・・(よくわからんが。)
洋服もお花で形作っているんですよ。

b0089508_891487.jpg

エジプトをテーマにしたピラミッド型ホテル、Luxorの中でも中国物の飾り付け。赤いボンボリ提灯がエジプト風の建物でひときわ異彩を放っていました。

こんなに中国の春節がアメリカで知られていたのにはほんと驚き。中国人観光客にリスペクトなのでしょうね。確かにたくさんの中国人観光客が訪れているようだった。

ラスベガスなのだけど、なぜか中国気分も味わった2月下旬のラスベガス旅行。
続く。
[PR]
by kajuetoandy | 2007-02-28 05:03 | Trip

東海岸旅行-New York編(3)

b0089508_34470.jpg

NYの街は本当にイエローキャブが多い。普通車よりもタクシーの方が多く走ってるんじゃないかな。ニューヨーカーは車を持たないらしいけど、所持する必要なしだと思う。だって、無料で駐車する場所は無いし、駐車場代はバカ高いし(1日$40+チップ払った)、皆運転が荒い!いつでもどこでも道は混み混みで、少しの車間距離でもあいていようものならすぐに前に入られる。信号が青に変ったと同時に発車しないと、ブッブーと容赦なくクラクションを鳴らされる。あっちでもこっちでもブッブーと鳴り響いている。こ、こわ~い。そして、歩行者の信号無視は当たり前。信号が赤でも車が来てないと平気で歩く。来ていても堂々と歩いている人達もいたけど。この街で車の運転は絶対私には不可能だ。(今回は全てPちゃんが運転。)
b0089508_341474.jpg

一度だけ地下鉄に乗った。ドキドキのNYの地下鉄。落書きとかゴミがいっぱいあるわけではないけど、全体的に薄暗くて不気味・・・慣れたら気にならないのかもしれないが、日本の明るく綺麗な駅とは大違い!

b0089508_332671.jpgNYに来たのに、素敵なレストランで食事はしなかった。すべてカジュアルレストランだった。歩いていると、ガラス越しに大きな肉を焼いているお店を見つけた。そこから漂う美味しそうな匂いに誘われるようにBBQショップに入った。店内は長い行列。人気ある店なのかな?

b0089508_333946.jpgでっかいステーキ、サラダ、マッシュポテト、そしてガーリックブレッドを注文。味は普通に美味しい。後でこのお店をいくつか見た。チェーン店みたいね。

b0089508_335379.jpg朝食に食べたオムレツ。名前は「サンディエゴ オムレツ」。名前だけで選んでしまった。(笑)中身はトマト、ピーマン、チーズ、ハム。なんでサンディエゴと名づけているのか疑問・・・どこがサンディエゴなんだ?アボカド入れて、サルサソース付けて、トルティアで巻いていたら納得するんだけど。

b0089508_10322440.jpg夜の散策後はバーに行ってみた。場所はW Hotelsの中にあるバー。W Hotelsってモダンでオシャレなホテルとして有名。サンディエゴにもある。一度入ってみたかったので嬉しい!噂通り、かなーりオシャレだった。家具はコンテンポラリーでまとめられてカッコイイ。お客もこじゃれた格好の人がいっぱい。いつかココに宿泊してみたいなぁ~。
(写真はW HotelsのHPから拝借。)
[PR]
by kajuetoandy | 2007-01-12 03:05 | Trip

東海岸旅行-New York編(2) 

b0089508_8582794.jpg

ホリデーシーズン中のNYで一番見たかったのは、全米一有名なクリスマスツリー。ロックフェラーセンター前のクリスマスツリー。ツリーだけではなく、その周りもクリスマスデコレーションがされていて、とっても綺麗。ロックフェラーセンターには雪マークの光が上から落ちてくるように映し出されている。音楽が流れ、大勢の人で賑わい、クリスマスイルミネーションで輝いているこの場所は温かい幸せに包まれた空間だった。

b0089508_6312127.jpgb0089508_6313725.jpg

b0089508_6315765.jpgb0089508_632571.jpg

今年のNYは暖冬みたい。外はそんなに寒くなかった。旅行前はNYの冬の寒さを恐れていたが、全くその心配はいらなかったので助かった。年中温かいカリフォルニアにずっと住んでいると、寒さにめっきり弱くなってしまった。

b0089508_6324633.jpg

一番のお気に入りネオン!M&M’sの宣伝。その前にはM&M’sショップ。
キャラクターグッズが可愛い。

b0089508_8521887.jpg

その横には違うチョコレート会社、HERSHEY’Sショップ。
世界最大HERSHEY'Sチョコレートバーみっけ!お値段$40。

b0089508_633065.jpg

金ピカなエントランスが特徴的なこのビルは、TRUMP TOWER。でかーーーーい・・・
他のビルもとにかくデカイ!天辺を見ようと顔を上に向けると、首が痛くなる。見えないんだもん。さすがはNYのマンハッタン。

NY編(3)に続く。
[PR]
by kajuetoandy | 2007-01-10 06:34 | Trip

東海岸旅行-New York編(1)

ワシントンDCから車で約4時間半北上するとニューヨーク。在米暦10年以上だけど、初めてのニューヨーク訪問。1泊2日しかないので、あれもこれもしたい!と贅沢言わない。「ニューヨークの街を歩く」ことだけを目的とした。ニューヨークの雰囲気を肌で感じたい。
b0089508_1549748.jpg

マンハッタンが近くに見えてきた!この時、Pちゃんが「後ろ見て。」と言うので、後ろを振り返ると自由の女神が見える~!!!ニューヨークにきた実感がわいてきた♪

NYに着いて最初に行った場所はアンディの保育園(day care)。アンディにはココで一泊だけお泊り保育してもらう事にした。小型犬と大型犬に分かれたプレイルーム。完全室内でもちろん空調設備もばっちり。常に一人は保育士(って言わないか。ペットシッター?)がその中に入っているので安心。ニューヨーカーのお友達と仲良くするんだよ~。

夜のNY散策です。
b0089508_15495871.jpg

ブロードウェー。看板がぎっしりディスプレイ。ミュージカル観たかったけど、時間がなかった。

b0089508_15502419.jpg

はい、こちらはタイムズスクエアー。

夜のNYはネオンぎらぎら☆
でもこれなら、大阪負けていませんよ!ミナミとかぶってしまう。この辺って道頓堀みたい。カニ道楽のカニさん、NYで勝負できると思うんだけど・・・


NY編(2)へつづく。
[PR]
by kajuetoandy | 2007-01-09 15:59 | Trip

東海岸旅行-Las Vegas編

NY編をスキップして、ラスベガス編へ。(後でNY編アップデート予定。)

この時、時刻午後10時。飛行機が着陸しようとしているところである。窓から外を見ると、オレンジ色の絨毯がびっしりと敷き詰められているみたい。空は真っ暗、地上はピカピカ。ここは眠らない街、ラスベガスなのだー!サンディエゴまでの帰りのフライトはラスベガスで一度乗り換えあり。次のフライトまで2時間待ち。いえ~い!!!遊べるぞー!ギャンブルだー!
b0089508_446251.jpg

スロットマシーンだぁーー!しかも、ここはまだ空港内。ラスベガス空港の中にはスロットマシーンがどこにでもたーくさんあり、簡単にギャンブルができてしまう。なんて楽しい空港なの~♪
b0089508_4461465.jpg

ラスベガスにギャンブルを楽しみに来た人は空港に降り立った瞬間から、スタートできるし、帰る間際まで遊べる。いやあー、すごいよ、ラスベガス!
b0089508_4463074.jpg

アンディもスロットマシーンデビューしたい?よしっ、やってみよう!

スロットは5¢、25¢、$1を賭けられる台が3種類。どれにしようかなぁ・・・キョロキョロとスロット台を探していると、ある台の上のランプがピカピカ光っている。その台の前に座っているお兄さんがお金をもらっているところだった。どうも1000枚当たったらしい。おおーーー、すごい。その後、もう一周回って、戻ってくると、その台は誰も使っていなかった。大当たりした1000の表示がされたまま。
b0089508_4463986.jpg

続けてくるかも? ピンッと来た! この台!
それにボーナスポイント付きのスロットマシーンは好き。これはルーレットでボーナスポイントを稼げるタイプ。去年、このタイプのスロットでうちの妹はベガスで結構稼いだ。

でも手持ちの現金たったの$10・・・ATMを探してみたけど、見つからなかった。全財産の$10を賭ける!たったの$10だと、負け続けると1分ももたないかもなぁ。それでも25¢3枚掛けで、いざ勝負!
b0089508_4465434.jpg

そして、始めて数分後にSPINが来た!チャンス到来!
ボーナスポイントのルーレットのボタンを押したぁー!
b0089508_447529.jpg

よっしゃあーーー、100枚ゲット!
最高は1000枚だけど、まあ宜しいでしょう。
b0089508_4472519.jpg

アンディのビギナーズラックのおかげだね。ありがとう、アンディ♪
さあ、いくらになったのかなぁ~~~♪♪♪
b0089508_4471336.jpg

$27.75になってた。25¢x100枚=$25
$10投資したから、儲けは$17.25。もう少しあるかと期待したが、甘かった。
でもギャンブルはココでおしまい。$17でもう十分です。私のギャンブルの仕方は負けなければ、それでいい。だから、大勝ちしたことは今まで一度もない。小金程度しか稼げない。結局は小心者なのよねぇ、私って。
[PR]
by kajuetoandy | 2007-01-04 03:36 | Trip

東海岸旅行-ホテル編

b0089508_15123976.jpg

b0089508_15211491.jpg

b0089508_15571784.jpg

b0089508_15431864.jpg

[PR]
by kajuetoandy | 2007-01-01 05:27 | Trip